2019年

2019年1月5日

 

 新年あけましておめでとうございます。今年は5月1日に新天皇が即位することが予定されている改元の年ですが、天候にも恵まれ穏やかなお正月を過ごすことができました。

 

 2日には平成に入って最多の15万4800人が皇居を訪れ、天皇ご在位中最後の一般参賀が執り行われました。

 

 一般参賀は午前中に3回午後に2回の計5回行われる予定でしたが、午後に2回増やして計7回行われました。宮内庁は6回目でいったん終了の案内をしたのですが、続々と入門してくる人たちを見た両陛下が7回目を行う判断をされたそうです。

 

 4日には安倍晋三首相が年頭記者会見に臨み、5月1日の皇太子さまの新天皇即位に伴って改める新元号について4月1日に閣議決定して現天皇が公布。5月1日の新天皇即位と共に改元すると発表しました。

 

 皇位継承前の新年号公表は憲政史上初めてのことですが「国民生活への影響を最小限に抑える観点から、先立って4月1日に発表する」とした安倍首相の判断はよく理解できます。

 

 我が家では今年も3人の息子たちが家族と共に集い、賑やかな年末年始を過ごしました。私たちには8人の孫たちへのお年玉に加えて4月に小学校に入学する2人の孫、中学校に入学する1人の孫への入学祝と大変でしたが嬉しい散財もさせていただくお正月でもありました。

 

 次の再会は4月から5月にかけての10連休。お互いに自分自身の目標に挑戦して一歩成長した姿で集い合うことを誓い合いました。

 

 この年末年始にこんな句ができました。

 

去年今年去年今年とて数へ喜寿

見ゆるもの何も変らず年変る

電子辞書新しくして年迎ふ

改元の年穏やかに明けにけり

変らねど変りて見ゆる初景色

太陽の光やさしき初景色

平成を惜しみ新年参賀へと

平成の御代の最後の年賀へと

七回も新年参賀に応へられ

老友の今年限りと云ふ賀状

大家族なりし正月母の味

手作りの料理の並ぶお正月

箱で買ふ林檎と蜜柑お正月

待ちに待ちをりし正月早や四日

子ら去にて元の二人となる四日

正月に閉店セールする店も

お歳暮の解体セールレジに列